SICKS:PS NEWS

2017 / 07
06≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫08

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

HOW I ROLLxT19 "MINIUM"

2016/10/31(Mon) 11:32
日本のピストカルチャーを作り上げたと言っても過言ではないT19と
これまた日本のストリートバイクシーンを作り上げているHOW I ROLLが改めてタッグを組んで生まれた珠玉のトラックバイク"MINIUM"がいよいよ入荷しました。
_MG_9334.jpg 
8月発売予定が10月末に延期された分内容濃く煮詰まっているバイクです。
まず目を引くのはトラックバイクと言いながらビーチクルーザーをイメージしてしまうフレームデザイン。
インパクト大ながらも湾曲した後三角のおかげで独特な乗り味でトラックバイクらしからぬ、ゆったりとした感覚で走れるというのが僕の実感です。
_MG_9338.jpg 
反してヘッドチューブはシート角より立っているのが見た目にもはっきりしています。
これにより乗り味はマイルドながらもクイックな動きに対応します。
スリ抜けやレーンチェンジは驚く程気持ちよく動いてくれます。
溶接の焼き色も最高ですね。
_MG_9339.jpg 
専用に作られたクランク、チェーンリングも手を抜いていません。
完成車純正とは思えない美しいアルミ削り出しは拘りを感じます。
PCD144にしてくれたのもありがたい。チェーンリングをNJSパーツに変えるのもイイですね。
_MG_9340.jpg 
全てに手を抜かず拘りを感じるのはサドルにも見られます。
このサドルが欲しい!と言われる方も多いと思います。
もちろん張り調整も可能な本格的な作りです。
_MG_9336.jpg 
アルミのハンドルバーも今回の完成車のために専用で作られた物。
王道B-123をインスパイヤしたデザインですね。

僕的には700x35Cという太めのタイヤが気に入らず細めのタイヤにNJSパーツ変更してトラック色を強くするか、
はたまたハンドルをライズ角多めな物に変更、クランクを3PCにしてFGFSトリック系に持っていくかと悩んでおりましたが実車に乗って「このスタイルが最高!」という答えになりました。
強いてカスタムするとなるとハンドルをNITTO B307なんかのセミドロップ系にしてクランカー風にしたいですね。
タイヤに関してはマイルドな乗り味のこのフレームにはこのサイズが一番ピッタリします。
トラックバイクと名付けてますが、本来のトラックバイクのイメージである「踏める自転車」とは違うバイクです。
強いて言えば「踏んで楽しい自転車」というイメージがピッタリだと感じます。
あえてダイヤモンドスケルトンを無視した湾曲フレーム。太めのタイヤ。詰めたホイールベース。
街乗りの極めと言った感じのバイクです。
さすがストリートを極めたT19とHOW I ROLLが作り上げた1台。
_MG_9337.jpg 
星5つです。




スポンサーサイト
未分類 コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://nbz.blog7.fc2.com/tb.php/858-190cb521
Next Home  Prev

プロフィール

sicks:no6

Author:sicks:no6

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

QRコード

QRコード

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。